学校長あいさつ/あゆみ

学校長あいさつ

現在、超高齢社会の中で、私たち看護職に求められる社会のニーズは、大変高まっています。看護師という職業は、生命を尊重し、人間が健康を維持管理できるよう援助する素晴らしい職業です。さまざまな人との出会いを通して、人間として大きく成長できるのも看護職の魅力の一つだと思います。
看護そして看護教育の礎を築いたナイチンゲールは『看護は学んでも尽きることのない一つの道。もし私が病気になって看護をできなくなったら、私は看護して下さる方から看護を学びましょう。』と述べています。看護職に就いている限り、日々学び続けなければ専門家としての仕事はできません。看護教育は生涯学習として位置づけられ、看護職に就くまでの基本的な教育を看護学校で、卒業後の継続教育を就職先の施設で行います。
湘南看護専門学校では、基礎教育と継続教育とを一貫して行うことを目指し、学校内に総合支援センターを設置しました。このセンターでは、卒業生が安心して看護実践ができるよう、独自のプログラム「湘南ナース養成プログラム」を組みサポートしていきます。

学校長あいさつ

学校長 上山 悦代

卒業後は二市一町(藤沢市・茅ケ崎市・寒川町)の地域医療機関に所属して、本校を拠点に参加医療機関を活用する卒後研修制度により実力を養いながら、自律的に看護活動を行うことのできる湘南ナースとして働くことができます。
このような卒業後の研修制度をもつ学校で、私たちと一緒に学びませんか!
私たちは、看護師を目指す皆さんの入学をお待ちしています。

あゆみ

本校の沿革

藤沢市医師会は、昭和43年4月、藤沢市鵠沼2168番地に定時制の准看護師養成所として、湘南看護専門学校を創立しました。昭和46年4月、同地に藤沢メデイカルセンターが建設され、准看護師免許を持った者が看護師となるための看護学科2年課程定時制が併設されました。この間、看護学科1162名、准看護学科1548名の卒業生を養成し、 卒業生の中には看護部長、看護師長、認定看護師として活躍している者も多くおります。(平成16年8月、藤沢市天神町2丁目6番地に移転)

平成24年3月31日、新時代に即応出来る看護専門学校(看護学科3年課程)を新たに開設するため、44年の歴史に幕を降ろし閉校しました。

この様な44年の誇り高い歴史と伝統を引き継ぐとともに、湘南東部医療圏(藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町)における有能な看護師を育成し、域内の保健・医療・福祉の向上に貢献するため、平成25年4月、藤沢市大庭の地に新たな「湘南看護専門学校」は開校しました。

このページのTOPへ

入学案内

募集要項の請求

オープンキャンパス

学校説明会

年間スケジュール 学校生活

卒業生の方へ

証明書の発行

同窓会

湘南ナース 卒後研修

看護教員募集

アクセス情報

<湘南看護専門学校>
〒251-0861
神奈川県藤沢市大庭5062番地3
TEL(0466)86-5440

アクセスマップを見る